不良中年Nの愛と欲望の日々

nozopoo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 25日

高級カレーマルシェ@ドン・ピエール

京橋のフレンチというか、高級洋食というかのドン・ピエール

ここは、2,500円の超高級オムライスで語られがちですが、カレーが旨いのも昔から有名なんです。
・・・・・・・っても、3年前、東京勤務していた時代は、食べ歩きも興味なかったんで、「ランチは1,000円まで。」と決めていたこともあり、噂には聞くが入ったことのない店だったんですけど。

c0056180_10354.jpgトリコロールのフレンチ国旗がなければ、ここがレストランとは気づかない、雑多な小ビルの1階。
階段を数段上がって店内に入ると、そこは別世界。
20席ほどの小箱に、フロアが4人。
入店が祝日の13:00過ぎということもあり、先客は6名の家族連れのみでした。


デシャップ横の2名卓に通され(空いてんだからデシャップ横じゃなくてもいいのに・・・・)ました。
「今日はカレー。」と決めていたので、メニューも見ずにオーダーすると、すかさずスープを勧められる。
老舗洋食店の実力を見るにはスープもよかろうと、追加オーダー。(これが840円もした。)


c0056180_111425.jpgスープは、オーソドックスなポタージュ。
店でポタージュ飲むことって滅多にないから、期待したんだけど、いたってフツーでした。
まあ、合成糊料の入っていない、サラリと熱いスープは、美味しいって意味ですけど。


高級カレーは、ソースポットに入って、恭しくお出ましかと想像したが、プリサーブで出てきました。(そのほうがいいんだけど。)
c0056180_11468.jpg

不均等なサイズの牛肉がゴロゴロ入っているところを見ると、ステーキ用に肉を掃除したときの端肉を使っているのでしょう。(それはそれで良い肉を安く使うためだから、全く構いませんが。)
この店のもうひとつの名物「ビーフオムライス」(2,500円!!)は、松阪肉使用ということだから、このカレーの肉も松阪産なのでしょう。
ほっこり、柔らかく煮込まれています。

他に具材は大量のマッシュルーム。
辛味は控えめで、スパイスびんびんというのでもない、フォンの味で食わせる典型的な欧風カレー。
・・・・・・・・・。
カレー屋じゅんちゃんで食べたときは、「バーモントカレー」を100倍美味しくした感じ。と思ったが
ここドン・ピエールのビーフカレーは、うんと美味しい「カレーマルシェ」ですね。

c0056180_165216.jpgミニミニサラダ(トマトと人参のコールスロー)が付いて、付け合せはラッキョウと福神漬けと胡瓜のピックルス。

そこそこにお腹膨れて1,680円は高くないと思うよ。
(ゴルフ場でカレー食っても1,500円以上とられるし、コッチは昼からクロスの敷かれたテーブルに布ナフキン、フルサービスですから。)

もっとも、スープはちょっと高いけどさ。

で、テーブルでお勘定して気づいた。
あ、この店、サービス料5%取るんや。
[PR]

by nozopoo | 2008-09-25 01:05 | 旨いもん


<< 特みそこってり@らーめんダイニ...      きんぷら丼@割烹嶋村 >>