不良中年Nの愛と欲望の日々

nozopoo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:東京ランチ ( 21 ) タグの人気記事


2010年 01月 06日

時間がない時の近場ランチ@壱鉄 八重洲店

【飲食欲(おんじきよく)】 

今日は13時から会議だったのだが、外に出れたのが12時半過ぎ。
となると遠出は出来ないので、近くの居酒屋ランチ。

壱鉄八重洲店で煮込み定食。650円。
c0056180_2327098.jpg



c0056180_23275047.jpg昼間っからビール飲みたくなっちゃうよなぁ・・・。


当店の以前の食べログレビューはこちら
[PR]

by nozopoo | 2010-01-06 23:30 | 飲食欲
2008年 10月 31日

郷愁の東京ラーメン@新角

c0056180_22131262.jpg

JR有楽町駅ガード下の立ち食いそば新角です。
始めに断っておきますが、ここのラーメンは誰もが美味しいと評価するようなものではありません。
なんてったって、立ち食いそば屋のラーメンですから。

ただ、昭和40年代を東京で過ごした人間にとっては脳髄の奥に刷り込まれた味覚・・・・トリガラ出汁の澄んだ醤油スープなのです。
そして、麺はかん水が勝った、ゴムヒモのような中細の縮れ麺。
食べた瞬間、懐かしさと当時の記憶が甦ってくるような感覚でした。
まだ、こんなラーメン食わす店が残っていたのね。

さながら、名古屋人が寿がきやに感じる郷愁とでも申しましょうか・・・・・・。

これでトッピングに鳴門巻きとシナチク、ほうれん草が浮いていたら、ナミダナミダだな。

c0056180_22144380.jpg

・・・・・意外とそばは、なんてこと無い立ち食いそば屋の味でしたけど。
(わかめそばのわかめの量はすごいことになってましたけど)
[PR]

by nozopoo | 2008-10-31 22:15 | ジャンクフード
2008年 10月 11日

馬脚を現したな。

ちょっと遅めのランチ。
4人で京橋の『とり安』に行ってきました。
c0056180_12351811.jpgこの店は入ったことは無かったのですが、WEBのグルメサイトなどでは高評価が付いていることが多いので、期待していたのです。
外見よりも中は広い店で、30人くらいは入れるんじゃないでしょうか?


ランチは「きじ焼き」や「そぼろ重」などの鶏をつかったもののほかにも、種類が多くあります。

4人そろって、竜田揚げ定食を。
c0056180_12475385.jpg

c0056180_1248517.jpg
カラリと揚がった大振り胸肉の竜田揚げに、薄味の甘酢が掛けられていて、なかなかに美味しい。

・・・・・・でもね。
入店した瞬間から、フロアのおばちゃんたちが厨房に気遣ってる感がわかるんですよね。
料理人より客に気イ遣えっちゅうの。

そして、こっちが食べてる最中についに始まった。
調理人による、おばちゃんたちへの大声での罵倒。
これで一気に食欲が失せました。

どんなに調理技術が優れていても、客を不快にさせるってのは最低です。
二度と行くかいって思いましたね。
[PR]

by nozopoo | 2008-10-11 13:15 | なんだかなあ
2008年 10月 11日

庶民の食べる寿司として、これ以上求めるものがあるのか?

銀座・京橋界隈で寿司なんぞ食おうもんなら、目ん玉飛び出るような料金が取られるんじゃないかっていう先入観があるけど・・・・・。
それはそれで、ひとつの世界だし、いいネタ使ってるんで旨いからいいよね。


でも、昔ながらの庶民的寿司屋もあるんですよ。

ランチで京橋、路地裏『真寿司』。
c0056180_1025596.jpg

並握り1.5人前。
握り11貫とカッパ巻き、味噌汁と小鉢が付いて1,000円。

ランチらしい、シャリの大きなガッツリ系握りです。
並みですから、ネタはそれなりですし、冷凍ものなんかも使ってるんでしょうが、なかなかおいしいですよ。

寡黙な年配の大将と女将さん。
息子と思しき3人の雰囲気も良し。
天五の『すし政西店』みたいですね。

庶民の行く寿司屋として、これ以上望むものはないですよ。
[PR]

by nozopoo | 2008-10-11 10:35 | 旨いもん
2008年 10月 11日

私的とんこつラーメン原点@博多天神

ほぼ、5年ぶりくらいに渋谷の『博多天神』に行って来ました。
c0056180_9243649.jpg


ここは、かつて六本木~渋谷を酒飲みエリアにしていた際、必ず最後に立ち寄っていた店です。
というのも、井の頭線の最終で帰るため、場所的に都合がよかったんですよ。
で、夜中に替玉なんかして、翌日後悔するんですけど。

c0056180_9432850.jpg
キクラゲ入り。600円。

完全に乳化しきってクリーム色になったスープ。
ホントは脂肪分多いのに、飲んだ感じはアッサリ・スッキリ。
デフォルトだと物足りなささえ感じるので、高菜や紅しょうがなどで、好みの味に仕上げることができるのは、道頓堀の『金龍』に通じるものがあるが、私はデフォルトの味が好きだ。

麺は極細のストレート。
博多ラーメンの典型ですね。

めちゃくちゃ旨いか?と訊かれるとそうでもないような気がするのだが、私にとってはとんこつラーメンの原体験がこの味なので、最近流行の脂の浮いた醤油豚骨は「違う」と感じてしまう。

名古屋出身者が、どこのラーメン食べても「やっぱり『スガキヤ』が一番旨い。」っていうようなもんですかね?
[PR]

by nozopoo | 2008-10-11 09:53 | ジャンクフード
2008年 10月 02日

特みそこってり@らーめんダイニング ど・みそ

ラーメンは透き通った醤油味か塩味が好きなので、味噌ラーメンを選んで食べることは滅多にないのだが、評判がよいので行ってみました。
らーめんダイニングど・みそ
以前、todocciさんのブログでも紹介されていましたね。

隣はそれぞれ
十割蕎麦の恵み屋
500円にぎりランチの大舷
向かいは揚げ物の松若という、ランチ銀座(ホントに銀座だけど)にあります。


看板メニューと思しき「特みそこってり」を。
c0056180_2311584.jpg

"特"と言うのは、チャーシュー2枚とゆで卵1ヶ入りのことのようです。

こってりは、背脂。
赤味噌ベースのスープにタップリの背脂を落としますから、それはそれは濃厚でこってりしてます。
少し味が濃すぎる感はありますけど。

c0056180_2315588.jpg麺は極太の縮れ。
濃いスープに良くあっていますね>


で、まあ、こってりで濃い味が好きな人にはたまらんでしょうなぁ。
でも、多少スープが濁っても誤魔化せる味だわなぁ・・・・。
[PR]

by nozopoo | 2008-10-02 23:03 | ジャンクフード
2008年 09月 25日

高級カレーマルシェ@ドン・ピエール

京橋のフレンチというか、高級洋食というかのドン・ピエール

ここは、2,500円の超高級オムライスで語られがちですが、カレーが旨いのも昔から有名なんです。
・・・・・・・っても、3年前、東京勤務していた時代は、食べ歩きも興味なかったんで、「ランチは1,000円まで。」と決めていたこともあり、噂には聞くが入ったことのない店だったんですけど。

c0056180_10354.jpgトリコロールのフレンチ国旗がなければ、ここがレストランとは気づかない、雑多な小ビルの1階。
階段を数段上がって店内に入ると、そこは別世界。
20席ほどの小箱に、フロアが4人。
入店が祝日の13:00過ぎということもあり、先客は6名の家族連れのみでした。


デシャップ横の2名卓に通され(空いてんだからデシャップ横じゃなくてもいいのに・・・・)ました。
「今日はカレー。」と決めていたので、メニューも見ずにオーダーすると、すかさずスープを勧められる。
老舗洋食店の実力を見るにはスープもよかろうと、追加オーダー。(これが840円もした。)


c0056180_111425.jpgスープは、オーソドックスなポタージュ。
店でポタージュ飲むことって滅多にないから、期待したんだけど、いたってフツーでした。
まあ、合成糊料の入っていない、サラリと熱いスープは、美味しいって意味ですけど。


高級カレーは、ソースポットに入って、恭しくお出ましかと想像したが、プリサーブで出てきました。(そのほうがいいんだけど。)
c0056180_11468.jpg

不均等なサイズの牛肉がゴロゴロ入っているところを見ると、ステーキ用に肉を掃除したときの端肉を使っているのでしょう。(それはそれで良い肉を安く使うためだから、全く構いませんが。)
この店のもうひとつの名物「ビーフオムライス」(2,500円!!)は、松阪肉使用ということだから、このカレーの肉も松阪産なのでしょう。
ほっこり、柔らかく煮込まれています。

他に具材は大量のマッシュルーム。
辛味は控えめで、スパイスびんびんというのでもない、フォンの味で食わせる典型的な欧風カレー。
・・・・・・・・・。
カレー屋じゅんちゃんで食べたときは、「バーモントカレー」を100倍美味しくした感じ。と思ったが
ここドン・ピエールのビーフカレーは、うんと美味しい「カレーマルシェ」ですね。

c0056180_165216.jpgミニミニサラダ(トマトと人参のコールスロー)が付いて、付け合せはラッキョウと福神漬けと胡瓜のピックルス。

そこそこにお腹膨れて1,680円は高くないと思うよ。
(ゴルフ場でカレー食っても1,500円以上とられるし、コッチは昼からクロスの敷かれたテーブルに布ナフキン、フルサービスですから。)

もっとも、スープはちょっと高いけどさ。

で、テーブルでお勘定して気づいた。
あ、この店、サービス料5%取るんや。
[PR]

by nozopoo | 2008-09-25 01:05 | 旨いもん
2008年 09月 13日

初秋刀魚@魚人

目立つテントと北海道さんまの文字に誘われて・・・・・・
c0056180_22484321.jpg八重洲の魚人


今年初めてのさんま。
でかかったよぉ。
c0056180_22501952.jpg


ただね。
昼飯時で仕方ないとは思うけど、このさんま、焼き置きの温め直しなんだよね。
c0056180_22513977.jpg

定食っておかずの味もさることながら、ご飯の味も重要なんだけど、この店、ご飯がそれほど美味しくないのもマイナスポイント。
[PR]

by nozopoo | 2008-09-13 22:53 | 旨いもん
2008年 09月 12日

北京で四川なのに天津とはこれいかに???

銀座ランチ。
とにかく腹いっぱい喰いたいときに足が向くのが、天津飯店

麺&炒飯 とか 麺&丼 とか 究極の 麺&麺の組み合わせのセットメニューが人気だ。
c0056180_6233370.jpg


中でも四川風に辛口の「海鮮チャンポン定食」が一番人気なのだが・・・・・・



まだまだ暑い日なので、辛くない「白湯定食」を
c0056180_62634100.jpg

麺なんてだらしなく延びちゃってるし、野菜も火が入りすぎてシャキッとしてないし・・・・。
でも、良いんです。
この店は、舌で満足する店じゃなくて、胃袋を満足させる店なんですから・・・・。
でなきゃ、昔から繁盛し続けているはずがないじゃないですか・・・・・・と無理やり自分を納得させる。


で、四川風料理が売りなのに「北京小菜」「天津飯店」ってふしぎだよなぁ。
[PR]

by nozopoo | 2008-09-12 06:31 | 考える
2008年 05月 10日

ホットつけしゃん@九州じゃんがららーめん

東京ネタもう一発。

表参道でランチタイム。
知らずに飛び込んだ
c0056180_923129.jpg九州じゃんがららーめん


c0056180_94648.jpgメインは豚骨のようだが、脂ぎった豚骨はあまり好みじゃないので、メニューの中で唯一魚系ダシだというホットつけしゃんを頼む。

味玉入り、ネギトッピング。
ふーん。ネギって白葱なんだぁ。



c0056180_964249.jpg夏はつけ麺で冬はラーメンスタイルでって書いてあったけど、5月は冬なのか?ラーメンスタイルで出てきた。
麺は、細太チョイス可能。太いんでお願いした。

ああ、スープ割りしたつけ麺ダレのような味ですね。(その通りなんだろうけどさ)
麺もつけ麺のような、噛み応えあるもっちり系。
つけ麺の欠点である、スープがぬるくなることなくアツアツで食せるのがいいですね。(あつ盛は麺がヘタレだしね。)
味玉は味付いてなかったけど。


まあ、宜しいんじゃないでしょうか。
[PR]

by nozopoo | 2008-05-10 09:12 | ジャンクフード