タグ:天満・天神 ( 138 ) タグの人気記事


2008年 11月 15日

大阪 牡蠣料理2態

大阪出張の際、昼と夜、それぞれにちょっとオドロキの牡蠣料理を食べたのでご紹介。

昼は本庄のとんかつ屋喜多呂でかきフライ定食。
c0056180_1128468.jpg

この店はヨーロッパ軒風のソースかつ丼が食べられるってんで行ったにも関わらず、目が合ってしまったんです。
「旬のメニューかきフライ定食1,500円」の文字に。
1,500円ってとんかつ屋のカキフライにしてはお高めじゃないですか。
それが余計に気になったんです。

で、出てきたかきフライはといえば、本当に大振りなフライが7つも。
肌理の細かいパン粉のコロモをまとった姿は「とんかつ屋」というよりも「洋食屋」のかきフライに近い。
揚げ油がラードのみでなく、サラダ油7割混なので、カリッと香ばしくクリスピーながらも、べた付き感がありません。
かきそのものはしっかりと火が通っていて、中まで熱々ながらもジューシーで、噛むと口中に旨味が迸ります。
かきフライっていうと独特の磯臭さというか魚介臭があって、ダメな人はアレが苦手って言いますが、こちらのかきフライにはあの特有の香りがないのです。

じつは、カウンターで調理行程をつぶさに見ていたので、この秘密はある程度想像が付きます。

まず、こちらはオーダーが入ってからコロモを付けます。
作り置きしないことによって、カキの水分や香りがコロモに吸収されるのを防いでいるのでしょう。
コロモに移ってしまった水分が、時間経過で臭気を発するのも防止できますし、かきの瑞々しさが損なわれずに済みます。
おそらく生食も出来るであろう肉厚のかきを紙にとって、丁寧に表面の水分を取ってからコロモを付けて速やかに揚げていきます。
一瞬にして旨味だけを封じ込め、雑味を発生させない技。
やるね。

夜は、阿波座のスペインバル ロス・シティオスアヒージョ。
c0056180_11344565.jpg

牡蠣のアヒージョは驚いたなぁ。
牡蠣とガーリックがこんなに合うとは!!
エビや鰯よりもいけてます。オススメです。
この日一番でした。

まだまだ、奥深い。
[PR]

by nozopoo | 2008-11-15 11:33 | 旨いもん
2008年 06月 22日

餃子のハシゴ@三風&大阪王将

朝から無性に餃子食いたい気分。

どこ行こうかな?

c0056180_18165019.jpgそうだ。
天五の専門店三風はまだ未体験だったっけ。

無臭餃子で餃子界に革命を・・・・・・というコンセプトとのことだが・・・。


c0056180_18201877.jpgタレにもこだわりがあるようで、うまみラー油というのが、でんと鎮座している。


c0056180_18212074.jpgメニューを見て、焼き餃子2枚と瓶ビールを頼んだのだが・・・・・。

メニューの最上段に気になる断り書きが3条


曰く。
・餃子のみご注文の方は、2人前/人以上でお願いいたします。
・餃子のご注文は1回にてお願いいたします。
・他の追加注文も、大変遅いご提供となります。

・・・・・・・これってどうよ。
2人前以上でってのは、まあ許せるとして、こちとら初来店で、どんな味でどんだけのボリウムかもわからんのに、1回で注文を終わらせろと。
しかも、餃子以外も追加は受けたくないってか?

どんだけの店や?

c0056180_18274227.jpg出てきた餃子がコレ。
革命を謳う割に随分と普通の餃子ですこと。
薄皮でその上、焼きすぎですわ。


まあ、腹は立ったけれどもオーダーしたんで、一応全部食べたんですわ。
でもね、ビールはまだグラスに残ってたんですよ。
これって、まだ食事中ってことでしょう??

なのに、店主、とっとと皿を片付けて、「追加無いようでしたら、お会計お願いします。」だと。
そんなに早く出て行ってほしいのかい?

客は、私のほかに1組しか居らんかったのに・・・・・・・。

これだけ、客を蔑ろにする店に当たったのは、大阪出て来て初めてですわ。
参った。



あまりの悔しさに、無難なところでもう1件。
大阪王将
c0056180_18333074.jpg定番の焼き餃子
厚皮の安心の味。
決して激旨じゃないが、いつ食べても同じクオリティー。
こういうのも大事なんです。

c0056180_18351274.jpgスープわんたんも悪くないね。

[PR]

by nozopoo | 2008-06-22 18:35 | 旨いもん
2008年 06月 14日

3年振りに行ってみたが・・・・・@春駒

3年前、大阪に初めて住んだときのことだ。
近くに、毎日行列のできる寿司屋がいくつもあるのに驚いた。(たまたま天五に住まいを定めたんですよ。何も知らずに。)

東京にいるとき、大阪人は並んでまで飲食店に入らないと聞いていたからね。
で、一度入ったところ、まあ安いとは思ったけど、特に感動もなく、そのままに行くことはなかった。
c0056180_1014415.jpg天五が安寿司銀座で、なかでも春駒すし政中店は、行列店で、地元民ではなく、他のエリアから客が押し寄せると知ったのは、その後のことでしたよ。


先日、前を通りかかったところ、珍しく行列がなかったので、3年振りに入ってみました。

c0056180_1043245.jpgとり貝と鮑。

これ、本物の鮑かなぁ。
南米産で、似たのがあるって聞いたけど、それちゃうかなぁ。
だって、2貫300円だし、コリコリしないし・・・・。

c0056180_1062577.jpg鯖と蝦蛄


大阪寿司で蝦蛄と蛸に必ずツメ引いてあるのだけは勘弁やわ。
蝦蛄ツメなしって言ったのに、引きやがった。

c0056180_1081657.jpg頭来たんで、再度、蝦蛄ツメなし。


c0056180_1085995.jpg蒸し穴子。
これは、ツメ引いてよろしい。
今日は、コレが一番うまかったかなぁ。


c0056180_101074.jpg赤貝。
ちょっと色悪いね。


c0056180_10104652.jpg巻物2種。
はい。お腹減ってたんで。


で、コレだけ食って、ビール大瓶1本のんで、2,250円は破格だと思うよ。
でもさぁ。並んでまで食いたいものか?

注文をメモ帳で渡すのも味気ないし、大体この店、ネタケースの中が整理されてないわ。
[PR]

by nozopoo | 2008-06-14 10:13 | 旨いもん
2008年 06月 07日

鮭弁当がいいね。@手打ちうどん長久

ランチタイム。

南森町を超えて天二まで遠征。
c0056180_11313047.jpgこんなうどん屋あったっけかなぁ?
改築したんかなぁ?

・・・・・・の長久


鮭弁当定食。680円くらい。
c0056180_11323840.jpg

ホカホカ弁当の鮭弁当が出てきたらどうしよう・・・・・とドキドキしながらオーダーしたのだが、ほぐし鮭の乗ったハコ弁付きが正体でした。

うどんは、刻み。
手打ちとは云いながら、腰の強い讃岐饂飩ではなく、もっちりチュルルンの大阪うろん。
出汁で食わせるタイプですね。

値段にしたら、まあよろしいんじゃないですか?
[PR]

by nozopoo | 2008-06-07 11:38 | 旨いもん
2008年 05月 24日

南森町遠征@野乃鳥&おばちゃんち

天神橋筋商店街をメインテリトリーとしているが、実は天五をが主戦場で、天六~天四までが、詳しいエリア。
南森町(天三)~天一にかけては、まだまだ未開拓の店が多い。

で、今回は久々に南森町遠征(っても徒歩7,8分なんだけどさ。)

お目当ては、
c0056180_10561984.jpg野乃鳥 天参亭

焼き鳥激戦区、福島(大阪の)のあやむやの向かいに結構繁盛している店があって、そこがやはり、野乃鳥という屋号だったので、多分系列店だろうと目星をつけていたのだ。

c0056180_1105167.jpg赤提灯は昔ながらの焼き鳥屋の風情だが、内装は今風。
小さな敷地の店内は1階が焼き場と6席のカウンターのみ。
急階段をあがった2.3階は座敷で、更に屋上テラス席もあるのようだ。

今回は、カウンターに陣取る。


看板の播州百日鶏のたたきと刺身
c0056180_1141169.jpg
百日鶏って言うのはよくわからないけど、もう親鳥なのかな?
たたきは、噛み締めるほどに旨味が出てくる感じで中々よいです。
笹身はネットリしているのが好き好きだと思うよ。


焼きは、厳選備長炭だとか。
まとめてオーダーしても一度に焼かずに、1本1本サーブしてくれるのがうれしい。
さすがに、あやむやのようにコチラの食べるスピードを見計らって、ドンピシャのタイミングで出てくるって神業はないけれど。

c0056180_11104560.jpgせせり

c0056180_11111659.jpgずり

c0056180_11115131.jpg蚕豆
これは、季節が早いせいか?
豆が黄色くってイマイチだった。

c0056180_1113336.jpg軟骨
カッパ軟骨を期待したが、膝軟骨だった。
焼き鳥屋は、メニューに膝かカッパか書く義務があると思うよ。

c0056180_11151790.jpgつくね
ずいぶんとフワフワのつくねやった。
最近、何かというと、卵黄に絡ませて喰わせるつくねが多い中、いいじゃないですか。

c0056180_11171651.jpgきゅうりのナムル
この手のメニューって作りおきが普通なんですが、オーダーしてからきゅうりを切って作るのか偉いよ。
そして旨いよ。

c0056180_1118545.jpgお勘定お願いすると、サービスでシャーベットが出てくる。
なんとなく嬉しい。


総合的に、いい鶏使ってるし、焼きも悪くない。
でも、3フロアの店を焼き方1名、フロア1名はちょっと辛くないか?

どうしても料理出し遅くなるし、酒の追加頼むのも遠慮してしまうよ。
せめてサービスあと1名使ってね。



せわしなくって、〆めのご飯が食べられなかったので・・・・・・

c0056180_11222457.jpgおばちゃんち
ここはね。
普段、商店街を歩いている人でも知らないことが多い。
商店街には目立たない立て看板だけで、店は奥まった路地裏だから。


c0056180_112445.jpg焼き餃子
にんにく入りとにんにくなしを聞いてくれる。
今回はにんにくなしで。

ここの餃子は、餡に黒胡麻が混じっていて、皮越しに透けて見える。
胡麻の香りプンプンってことはないんだけど、なんとなく楽しい。


c0056180_11263954.jpg炒飯も。

そこいらの街角中華で頼む炒飯の優に1.5倍はあろうかというボリウム。
大体、2人で炒飯1つが目安。

冷や飯を使っていないので、さすがにベチャですが、味は薄塩で旨い炒飯ですよ。


で、結局この後、タクシー乗って更に遠征しました。
[PR]

by nozopoo | 2008-05-24 11:30 | 旨いもん
2008年 05月 03日

よちよち歩きでは困る。@洋食の赤ちゃん

天神橋筋四丁目に突如出現した、

c0056180_10152641.jpg洋食の赤ちゃん

自転車で行く人も振り返る、目立つ店構えです。

以前、何の店の場所だったかな?


洋食屋の定番、ハンバーグとビフカツのセット。ご飯つけて1.200円。(ランチタイムは1.000円)
c0056180_10165729.jpg


うーん。
肉がよくないのか?油が古いのか?
ビフカツ、ちょっと宜しくない匂いがしますぞ。
コロモもベチャだしね。

よちよち歩きから脱してください。


[PR]

by nozopoo | 2008-05-03 10:19 | 旨いもん
2008年 05月 03日

街で愛されるパスタ屋@プリミパッシ

近所の老舗イタリアン、プリミパッシに行ってみる。
GWだからなのか、ランチタイムは、1.000円のパスタセットのみ。

c0056180_7554930.jpgアンティパストは小海老のフリットと牛蒡のキッシュ
フリットは、随分と固くて、海老のプリプリ感は皆無。


パスタは、随分と盛が良いです。
そこいらのランチの倍はありそう。 街のパスタ屋の量です。
c0056180_759036.jpg
筍と鶏腿肉のオイルソース。
細めんですね。スパゲティーニかな?
筍、アク抜きが足りなくて、少しイガらっぽいっす。

c0056180_805377.jpgパンは。そこいらで買ってきましたレベルで、まあ普通。


c0056180_815746.jpgドルチェまで付くのは立派。

グレープフルーツのジュレ
懐かしい味です。

これにエスプレッソ。


結構人気店のようで、普段着の若い女子や、親子連れなんかが続々入ってきます。
ボリウムあって愛されているのでしょう?
でも、GW中とはいえ、ランチ1種類、パスタも選べずっていかがなもの?

c0056180_853848.jpg何より、店の前に食材のダンボール積んであるは、店内にも生ビール樽やミネラルウォーターのストックが置かれ、かつてバーカウンターだったと思われる場所にボトルやらナフキンやらが雑然と置いてあるのが見えるので萎えましたわ。

気にならない人は是非どうぞ。



[PR]

by nozopoo | 2008-05-03 08:09 | 旨いもん
2008年 04月 27日

普通の料理が、普通じゃなく美味しい中華@豪火

一椀水・空心とともに。大阪の中華若手三羽烏、と目される天満橋筋の豪火に行ってきました。

c0056180_21591534.jpg天満駅からも、天六からも、桜ノ宮からも歩くにゃ遠い・・・というちょっと辺鄙な場所にありながら、連日予約で満員という店です。

内外装とも、お金かかってませんがチープ感ないです。
厨房一人、フロア二人は、良く頑張るなぁ。という感じ。


c0056180_2225024.jpg電話で席予約をした際、是非にと進められた前菜五種盛り

店に入って納得しました。
厨房一人だけなので、バイオーダーでは、前菜こなせないのですね。

蒸し鶏・クラゲ・鶏肝煮・鮎の揚げ酢漬け・酔っ払い甘海老。


c0056180_2265042.jpg食べたかった黒酢の酢豚
本来は、ひと皿に肉が4ケ付くらしいのだが、「なんとか豚」の入荷がなかったので、半分にしてくださいといわれた。
でも、半分で充分なくらい、1つの塊りが大きくて、一口では食べられません。


切ってみると、素晴らしい火通しの塩梅。肉汁がほとばしります。
c0056180_22122133.jpg
黒酢独特の香りの甘酢がまた良く合う!
肉しか入っていないのがまた、潔くて〇です。


c0056180_2214173.jpg海老マヨにしようと思ったのだが、同行者が是非食べたいとリクエストしたので、大海老チリに。
本当にでかくて、(OKマーク作った、親指と人差し指の外周近く有ります。)びっくり。
これまた火通しは完璧でプリップリ。
辛味の勝ったチリソースをたっぷり絡めて食すと、白いご飯が欲しくなります。

c0056180_2218458.jpg本当は、みちのく鴨の炒め物を食べるつもりだったのだが、濃い味料理が2品続いたので、季節の野菜のあっさり炒めに変更。
青梗菜を小さくしたような、なんとか菜いうてました。
しゃきしゃきが気持ちの良い食感です。


これまた絶対に食べたかった、黄金炒飯
c0056180_22222234.jpg
一粒一粒の米にしっかりと玉子がコーティングされていて、しかもパラッパラです。
なのに微塵も焦げていません。
一体、どんな技使いなのでしょうか?
最高の炒飯です。恐るべし。

今回、初めての訪問なので、敢えてどこにでもある普通のメニューをオーダーしてみました。
その方が、力量がわかると思ったためです。
普通の料理が普通じゃなく美味しい、素晴らしい店でした。

次は、変化球的オーダーもしてみようと思う。


[PR]

by nozopoo | 2008-04-27 22:35 | 旨いもん
2008年 04月 19日

ハンバーガー2態@マクド&ウィッチェ

滅多に喰わないハンバーガーだが、まれに無性に食べたくなる代物でもある。

そこで、今更ながら・・・・・・
c0056180_13274257.jpgメガマフィン@マクドナルド天満駅前店。
まあ、マクドの商品の中では、ソーセージマフィンとビッグマックくらいのものなんで。
食ってみようかなと思うのは。



c0056180_13293870.jpgメガというほどでかくはないですな。

ソーセージ2枚。
目玉焼き1ケ。
ベーコン&トマトケチャップ。

ただ、ベーコンとケチャップは余計だな。
これはソーセージの味で食わせなくちゃいけないのに、邪魔しちゃってるね。


納得行かなかったので、午後は、前々から気になっていた
c0056180_13322557.jpgハンバーガー&カレーの店。
ウィッチェ。

天神橋7丁目。
チェーン店かと思ってたけど、他には展開していないようですね。


c0056180_13335262.jpgハンバーガーも20種類くらいあるのだが、オーソドックスに普通のハンバーガーフィッシュ&チーズ

ここは、セルフサービスじゃなくて、ちゃんとオーダー取りに来てくれるスタイル。
でも値段は1ケ300円前後だから、高くはないな。
オーダー受けてから作るみたいだし。


c0056180_13362574.jpgしっかりしたミートパティです。
ちゃんと肉の味がするよ。

c0056180_13371913.jpgフィッシュ&チーズはいかにも冷凍成型フライといった感じ。
メルルーサですかね。
予想はしてたけど。


まぁ、近くにあるんで食べるならマクドよりはコッチでしょうなぁ。


[PR]

by nozopoo | 2008-04-19 13:41 | ジャンクフード
2008年 04月 19日

久々に感動のパスタ@タベルナ・デッレ・トレ・ルマーケ

巷で旨い旨いと評判の、舌を噛みそうなイタリアン、タベルナ・デッレ・トレ・ルマーケに行ってきました。

この店、会社からも家からもウォーキングディスタンスなので、予約無しで何度か突入を試みたのですが、ダメだったのです。
今回は、予約して。


c0056180_918131.jpgアンティパストは田舎風パテ
びっくりしましたね。
巨大です。10cm角で厚さも3cmくらいあります。
ペーストやゼリー部分が少なく、ラム肉の塊りがゴロゴロ入ってます。
巻いてある脂がねっとりなのにくどくなくて旨いぞ。
メインにしてもいい料理ですね。


パスタを2皿。
1皿目は、幅広平打ちパスタ。(名前聞いたけど忘れちゃいました。)
タリアテッレをもっと幅広に(4cmくらい)にした感じ。
今日は、烏賊墨を練りこんだスタイルなので、まるで昆布がそのまんま出てきたようなビジュアルです。
旬の蛍烏賊と海胆のソース
c0056180_9235275.jpg
いやあ、参りました。
烏賊墨・蛍烏賊・海胆とそれぞれ主張する食材なのに、どれもがでしゃばらずに高レベルでバランスしています。
このソースに、幅広パスタがベストマッチかどうかはわかりませんが、もっちりとした食感も楽しめたので、良し良しです。

c0056180_9294913.jpgパスタ2皿目は子羊のラグーのピーチ
ピーチってのが麺の名前ですな。
断面が均一でない讃岐うどんみたいなパスタです。
讃岐うどんほど腰が強くはないですが、チュルルン系ではなくもっちり系。
激旨焼きうどんといった感じの皿でした。


メインは、羊にしたかったのですが、パスタもアンティパストにも羊を使っていたので、急遽変更。
小鳩のソテー、その内臓のソース
c0056180_935126.jpg
柔らかいのに筋肉質な小鳩。
本当は少しクセがあるのかも知れませんが、内臓のソースのレバーの香りが消しています。
ソースはやや苦味がかったオトナ味。
でもおいしくって手づかみでガツガツ行っちゃいました。


全体に、何と言ってもこの店はパスタですなあ。
今回2皿いただきましたが、多分全て手打ちで10種類以上はメニューに載っていました。
全部食べてみたいですよ。

テーブル4卓(だったかな?)とカウンターのみの小箱。
キッチン2名(だと思う)とサービス1名の体制で、このバリエーションは立派過ぎます。
(アンティパストやメインも種類多いんですよ!!)

しかも安いんだから、予約で一杯なわけだよ。

一番奥のテーブルでスピーカーが近くてBGMがうるさかったの以外は、サービス含め大満足でしたよ。


[PR]

by nozopoo | 2008-04-19 09:43 | 旨いもん