不良中年Nの愛と欲望の日々

nozopoo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:大阪ランチ ( 177 ) タグの人気記事


2008年 11月 15日

大阪 牡蠣料理2態

大阪出張の際、昼と夜、それぞれにちょっとオドロキの牡蠣料理を食べたのでご紹介。

昼は本庄のとんかつ屋喜多呂でかきフライ定食。
c0056180_1128468.jpg

この店はヨーロッパ軒風のソースかつ丼が食べられるってんで行ったにも関わらず、目が合ってしまったんです。
「旬のメニューかきフライ定食1,500円」の文字に。
1,500円ってとんかつ屋のカキフライにしてはお高めじゃないですか。
それが余計に気になったんです。

で、出てきたかきフライはといえば、本当に大振りなフライが7つも。
肌理の細かいパン粉のコロモをまとった姿は「とんかつ屋」というよりも「洋食屋」のかきフライに近い。
揚げ油がラードのみでなく、サラダ油7割混なので、カリッと香ばしくクリスピーながらも、べた付き感がありません。
かきそのものはしっかりと火が通っていて、中まで熱々ながらもジューシーで、噛むと口中に旨味が迸ります。
かきフライっていうと独特の磯臭さというか魚介臭があって、ダメな人はアレが苦手って言いますが、こちらのかきフライにはあの特有の香りがないのです。

じつは、カウンターで調理行程をつぶさに見ていたので、この秘密はある程度想像が付きます。

まず、こちらはオーダーが入ってからコロモを付けます。
作り置きしないことによって、カキの水分や香りがコロモに吸収されるのを防いでいるのでしょう。
コロモに移ってしまった水分が、時間経過で臭気を発するのも防止できますし、かきの瑞々しさが損なわれずに済みます。
おそらく生食も出来るであろう肉厚のかきを紙にとって、丁寧に表面の水分を取ってからコロモを付けて速やかに揚げていきます。
一瞬にして旨味だけを封じ込め、雑味を発生させない技。
やるね。

夜は、阿波座のスペインバル ロス・シティオスアヒージョ。
c0056180_11344565.jpg

牡蠣のアヒージョは驚いたなぁ。
牡蠣とガーリックがこんなに合うとは!!
エビや鰯よりもいけてます。オススメです。
この日一番でした。

まだまだ、奥深い。
[PR]

by nozopoo | 2008-11-15 11:33 | 旨いもん
2008年 09月 12日

究極のカツサンド?@ニューアストリア

大阪出張の際、11:30千里中央。
昼飯どうしよう。市内まで出て、第3ビルあたりで食べるか・・・・・。

まてよ。確か千里中央には、カツサンドの名店があったはずだ・・・・・。
で行ってきました。
c0056180_5453583.jpgニューアストリア
駅ビルのせんちゅうパル地下にレストラン街があるとは知らなかったなぁ。
その中で、唯一並び列が出来ているのですぐにわかりました。

パッと見、普通の喫茶店。
カウンター8席とテーブル4卓ほどの小さな店。
ここになぜか、50台の男性店員が4人もいるから、不気味っちゃ不気味だな。


カウンターに通され、カツサンド(野菜入り)をオーダーして待つことしばし。
カウンターなので、製作工程をつぶさに見ることが出来ます。

・カツはオーダーが入ってからその都度揚げています。
・パンは、トーストするのですが、焼くのはトースターじゃなくて鉄板で。コレは、片面だけを焼く工夫でしょうかね。
・焼きあがったパンに揚げたてのカツを乗せソースをかけたら、さらし玉葱とトマトをトッピング。
・サンドして、耳を落として、一口大にカットして完成。

カツサンド(野菜入り)
c0056180_55706.jpg

まぁ、アツアツで美味しいカツサンドです。
肉はヒレ(大阪なのでヘレ)でしょうか、脂がなくやわらかいです。
ジューシーということはなく、完全に火通ししてあります。

自論として、カツサンドは冷めても美味しいのが○と思っているので、次回は持ち帰りもしてみたいですが、持ち帰りは(野菜なし)になるようです。

見た目、量が少なく感じる割にほどほどの満腹感もあり、価格(650円)に見合った価値を感じました。
並び列が出来るのも肯けます。

ただ、最後の最後まで、オッサン4人で運営してるのが気になって気になって・・・・。
・この4人は、どういった関係なのだろうか・・・・・とか
・どう見ても、2・3人で回せると思う店の規模なのに、経営大丈夫だろうか・・・・・とか
・ウエイトレス置けばいいのに・・・・とか
考えてしまって、食べるのにいまひとつ集中できなかったよ。
[PR]

by nozopoo | 2008-09-12 06:08 | 旨いもん
2008年 06月 15日

確かにおいしい饂飩だけれど・・・・・・。@踊るうどん第三ビル店

第三ビルにオープン仕立ての
c0056180_16573676.jpg踊るうどんに行ってきました。

元々は滝井に本店がある店で、都心部からいう外れた場所にあるのにもかかわらず、わざわざ通いつめる人が後を絶たないという名店だという。

私は、本店には行ったことがなかったのですが、近くにできたのでいそいそと出かけたというわけです。


しかし、第三ビルといえば、『はがくれ』『うどん棒』と高名店ひしめく地。
あえて、ここに出店というのは志高いですなぁ。

c0056180_16524585.jpg饂飩の基本種類は「生醤油」「ぶっかけ」「かけ」「かま玉」の4種類。

これに「まいたけ天」「温玉」「肉」「わかめ」のトッピングの組み合わせで多々のメニュー構成となっています。


c0056180_16581262.jpg今日はその中から「まいたけ天温玉生醤油」を注文。

オーダー受けてから饂飩を茹でているのでしょう。
およそ、20分で出てきます。


大根おろしと葱、スダチを搾って、生醤油をかけていただきます。
c0056180_1724766.jpg

どこぞの店のように「二往復半かけろ」だの「真ん中の二本をつまんで食え」だの七面倒くさいことを言わずに自由に食わせてくれるのがいい。

饂飩は適度の腰で、透明感あふれています。
はじけそうな躍動感は「将に踊るうどん」の名のとおりです。

ただ、まいたけ天は少し油がきついかな?

うまい饂飩であることは間違いないけれど、我が家からの徒歩距離は、中津のたけうちうどん店とほぼ同じ。
であれば、休みの日に散歩がてら行くならたけうちかなぁ。

たまたま、梅田に出ていたならば、足が向くこと間違いないですけどね。
[PR]

by nozopoo | 2008-06-15 17:12 | 旨いもん
2008年 06月 14日

皿まで舐めたいドミソース@グリルモリタ

私のブログをあちこちで宣伝してくれる方が居て、そんなツテで
「大阪のうまい店紹介するなら、ここに行かないとモグリだよっ。」と教えてくれた方に連れられて初めて行って来ました。

初対面なのに、ご馳走いただきありがとうございました。

c0056180_10281723.jpg老舗高級洋食グリルモリタ
北新地東(西天満)のビル地下。
昭和23年創業で、特製のドミグラスソースはそのときから継ぎ足し継ぎ足し使っているそうな。(老舗鰻屋のタレみたいですね。)
何年か前、火災に遭ったときは、真っ先にソースポットを抱えて避難して、店員から非難されたといういわくも在るそうな。


この店は、ピーフシチューが高名らしいのだが、ドミソースを味わうならハンバーグがいいよ。
とのことで、
c0056180_10343156.jpg特製ハンバーグステーキ。
正確な値段は忘れましたが、結構な価格です。
パンをつけると3.000円くらいはしたような・・・・・


少し、パン粉が打ってある感じです。ミンチかつのようにコロモが付いてるんじゃないんですが。
c0056180_10385069.jpg
切ってみると、肉汁が溢れ出すって感じじゃなく、どっしりとしてます。
脂の多い端肉使っているんじゃなく、ステーキに使うような部位を使用していると思われる。

そして、自慢のソース。
この濃さがわかりますか?
小麦粉を焦がした香ばしさに、溜り醤油のようなコク。
綺麗なフォンで伸ばしてあるんでしょう。臭みもなく、微塵の脂も浮いていません。

パンで掬って全食して、なおかつ皿まで舐めたくなりましたよ。


お値段的にちょいお高めですが、フレンチやイタリアン行くこと思えば、むしろリーズナブル。
綺麗なクロスを敷いたテーブルに、黒を基調の内装もおしゃれで、デート使いもむしろ意外性で◎かも?

洋食が高級料理だった時代が、現代もそのまま残っている、よいお店です。
[PR]

by nozopoo | 2008-06-14 10:50 | 旨いもん
2008年 06月 07日

遅い・けど安い・狭い で肉吸い定食@ガチンコ本舗

c0056180_11455999.jpg神山交差点角に開店したガチンコ本舗うまい・安い・狭いをウリにした、和牛ホルモン店なのだが、ランチは、カレー・ミンチカツ定食・肉吸い定食が3本柱。
以前カレーは食ったのだが、まあ普通でした。
500円だから文句はないけどさ。


今回は肉吸い定食
どうでも良いけど、肉吸いって字面だけ見ると恐ろしいよなぁ。妖怪かよって思いますよね。
で、簡単なはずなのに出てくるの遅いです。遅い・けど安い・狭いって呼んじゃうぞ。
c0056180_1149740.jpg

吸い物とご飯で食事するってのは、関西独特じゃないですかね?
近くの旬味ひげは、鴨吸い定食出すしな。

アツアツでなかなか食えません。
たまごかけご飯がつくので、ついついそっちを先に食ってしまい、後から冷まし冷まし肉吸いだけを飲む羽目に陥ってしまいましたよ。
まぁ、うまいんだけどね。

・・・・・・・・それにしても、肉吸い・・・・・・・・・
[PR]

by nozopoo | 2008-06-07 11:59 | 旨いもん
2008年 06月 07日

鮭弁当がいいね。@手打ちうどん長久

ランチタイム。

南森町を超えて天二まで遠征。
c0056180_11313047.jpgこんなうどん屋あったっけかなぁ?
改築したんかなぁ?

・・・・・・の長久


鮭弁当定食。680円くらい。
c0056180_11323840.jpg

ホカホカ弁当の鮭弁当が出てきたらどうしよう・・・・・とドキドキしながらオーダーしたのだが、ほぐし鮭の乗ったハコ弁付きが正体でした。

うどんは、刻み。
手打ちとは云いながら、腰の強い讃岐饂飩ではなく、もっちりチュルルンの大阪うろん。
出汁で食わせるタイプですね。

値段にしたら、まあよろしいんじゃないですか?
[PR]

by nozopoo | 2008-06-07 11:38 | 旨いもん
2008年 06月 07日

たまに食べたくなる@焼売大楼

焼売って餃子に比べると、食べる機会の少ない食い物ですよね。

特に街角中華だと、圧倒的に餃子人気で、焼売はメニューにさえないことも少なくない。
逆に、点心をウリにしている本格店だと、立場が逆転して、焼売が偉くなる。

これって、蒸すっていう調理法が関係しているのかなぁ?
手間掛かるもんなぁ。


で、やっぱりたまに無性に焼売が食べたくなるもんで・・・・・・。
c0056180_1014854.jpg焼売大楼ホワイティ梅田店


c0056180_10151275.jpgここは、青菜を入れたグリーン炒飯も有名なのだが、初志貫徹で焼売定食
巨大な肉焼売が5つもついて680円はお得やわあ。

c0056180_10171858.jpg肉がギッシリつまって、随分と食べ甲斐のある焼売ですよ。


でも、1度食べたら、暫くは食べんでもエエな。
餃子やったら毎日でもエエんやけど。

やっぱりワタクシB級ですわ。
[PR]

by nozopoo | 2008-06-07 10:20 | 旨いもん
2008年 05月 03日

街で愛されるパスタ屋@プリミパッシ

近所の老舗イタリアン、プリミパッシに行ってみる。
GWだからなのか、ランチタイムは、1.000円のパスタセットのみ。

c0056180_7554930.jpgアンティパストは小海老のフリットと牛蒡のキッシュ
フリットは、随分と固くて、海老のプリプリ感は皆無。


パスタは、随分と盛が良いです。
そこいらのランチの倍はありそう。 街のパスタ屋の量です。
c0056180_759036.jpg
筍と鶏腿肉のオイルソース。
細めんですね。スパゲティーニかな?
筍、アク抜きが足りなくて、少しイガらっぽいっす。

c0056180_805377.jpgパンは。そこいらで買ってきましたレベルで、まあ普通。


c0056180_815746.jpgドルチェまで付くのは立派。

グレープフルーツのジュレ
懐かしい味です。

これにエスプレッソ。


結構人気店のようで、普段着の若い女子や、親子連れなんかが続々入ってきます。
ボリウムあって愛されているのでしょう?
でも、GW中とはいえ、ランチ1種類、パスタも選べずっていかがなもの?

c0056180_853848.jpg何より、店の前に食材のダンボール積んであるは、店内にも生ビール樽やミネラルウォーターのストックが置かれ、かつてバーカウンターだったと思われる場所にボトルやらナフキンやらが雑然と置いてあるのが見えるので萎えましたわ。

気にならない人は是非どうぞ。



[PR]

by nozopoo | 2008-05-03 08:09 | 旨いもん
2008年 04月 24日

茨木逍遙  手打ち蕎麦東風

茨木市は、大阪と京都の間に位置する衛星都市。
不肖にして詳しい歴史は知らぬが、楠木正成築城の茨木城の城下町として成立し、江戸時代は参勤交代の本陣も置かれた要衝だったようだ。
現在は、大阪のベッドタウンとして27万の人口を抱える地方都市。

で、私の行動エリアとは全く重なっていないこの街に行ってみた。
c0056180_16195467.jpg階上駅に駅前バスロータリーという風景は、地方都市の典型ですな。

2年半ほど前に、この街の病院に入院している人を見舞って以来の訪問なのを思い出した。

c0056180_16221046.jpg街の規模に似合わない、立派なお宮さんがあって、しっかりお参りしてきました。
茨木神社

c0056180_16233329.jpg関西のちょっとした駅前には必ずある「アーケード商店街」がここにもありました。
食材店・飲食店・日用雑貨店中心の、生活密着型商店街。
昼間から結構賑わっていましたよ。

住みやすそうな街ですね、


c0056180_1626453.jpg今回の訪問の目的の一つがこちら。

c0056180_16265397.jpg手打ち蕎麦処東風
店名の由来はなんだろう。

東風吹かばにほひをこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな・・・・でしょうか?

意外と関東風だったりして(笑)


c0056180_16302686.jpg木と竹で拵えた内装、骨董品?などの調度もマッチしていて、落ち着いた感じの店です。
若造がランチ食いにくる感じではないな。
事実、客層はほとんど50台以上でした。


はい。私が早とちりしたんです。
メニューに鴨となすびの熱いつけ汁で食べる「田舎もり」ってのがあったんです。
それにしたんですけど、「うどん」って書いてあるの読まなかったんです。
関東そだちなもので「もりイコール蕎麦」っていう思い込みがあったんです。
c0056180_16355048.jpg
出てきてビックリ!うどんじゃないの。
慌てて、蒸篭一枚追加しましたわ。

でもさあ、注文した時に「うどんで宜しいですね。」の一言ぐらいあってもいいのになぁ。

肝心のうどんは、讃岐風の腰強タイプでも大阪うどん風のモッチリでもなく、稲庭風ののどごしチュルルン系。
c0056180_16385945.jpg蕎麦は、極細打ちですね。
たかまほどではないけれど。
この季節なのに、ほんのり緑がかってプンと薫るのは、保存がいい証左でしょうか?
二八だと思います。



鴨入りのつけ汁が私にはちょっと甘すぎでした。
濃口醤油の黒いのんは嬉しいんですが、もう少し糖分を抑えてくれるといいんだけどな。

あと、早い時間だったからかもしれませんが、蕎麦湯が薄くてね。
白湯かと思いましたよ。
白濁した重湯みたいな蕎麦湯が好きなもので、ここは減点。


フロアーは、奥さんでしょうか、50がかりのおば様一人で回しているんですが、混み合ってくるとテンション上がってきて、甲高い声でキンキン叫ぶのに往生しました。
蕎麦湯頼むのも、遠慮しいしいでしたわよ。
それとやたら口紅が赤いんですよ。今時あんな口紅さしているのは、なんば自由軒のマダムくらいしか居ないとおもっていた。(笑)

お勘定は、2.020円。
内容からして高くはないけれど、わざわざ電車賃かけてもう一度は行かないかな?
昼時に近くに居たら・・・ということで。


店を出ると目の前にこんな看板が。
c0056180_16543223.jpgかけうどん・かけそば180円。

こりゃ安い。
蕎麦喰ったばかりだけど、気になるじゃん。
行っとくか?(イケルさんのブログみたいになってきた。)
うどんのぐち
サーファーっぽいお姉ちゃんひとりでやってます。

c0056180_16574093.jpgかけそば180円。
はい。想像通りの味です。
ただ、この店、本店は寿司屋らしく、そばと一緒にパック詰めの巻き寿司や押し寿司が食えたりする。
入口ではマグロブツなんかも売ってましたわ。
あと、隣で食べてたカレーうどんはやたら肉一杯で旨そうでした。




で、今回の目的のもう一つがこれ。
c0056180_1734040.jpg天然釣り物さん激賞のお好み焼き屋さん、寿鳳堂のチェック。
営業が夜だけなのは事前にわかっていて、今回は場所だけでも・・・と思いまして。

にしても、大阪一・・・・・・ということは日本一?
と喧伝されるそのお味。
期待膨らみますが、次回の楽しみということで・・・・・帰途についた。

[PR]

by nozopoo | 2008-04-24 16:50 | お散歩
2008年 04月 22日

四天王寺&讃岐うどん@志のん

おじん趣味といわれるが、割と神社仏閣めぐりが好きだ。

というわけで、聖徳太子縁の名刹、四天王寺へ。
c0056180_2016286.jpg

五重塔の近くによるためには300円必要。
ケチるわけじゃないが、その根性が気に入らないので外から眺めるだけ。

c0056180_20174466.jpg少しは景観というものを考えたらよかろうに。

電柱・小屋がけ・ブルーシートで、重要文化財も見る影なし。



がっかりして、天王寺駅方面へ。



特に調べてきたわけではないのだが、食いしん坊の嗅覚が臭いました。
c0056180_2020792.jpg讃岐うどん志のん
16:00までの営業ってことは、麺切れ仕舞いでしょうね。

こういう店は、絶対に旨いんです。


ちく天ぶっかけを頼むと、「冷たいですけどいいですか?」とわざわざ訊いてくる。
メニューの大半は、温かい種もんだったので、「ぶっかけ」や「生醤油」頼む人あまり居ないのかも知れない。

c0056180_2024433.jpg待つこと20分。
生から茹でてくれました。
ちく天はカットせず、丸揚げ。

出汁はちょっと甘いかな~。


エッジがビシッと立って気合満点・・・・・とまでは行きませんが、透明感あって、腰ものど越しもすばらしい良いうどんですわ。
c0056180_20292377.jpg



[PR]

by nozopoo | 2008-04-22 20:29 | お散歩