不良中年Nの愛と欲望の日々

nozopoo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:夜メシ その他エリア ( 48 ) タグの人気記事


2008年 10月 04日

出張時、水戸と栃木で食べまくり

先月末、4泊5日の日程で、栃木~水戸方面へ出張。

c0056180_15553575.jpg茂木町で昼飯は養気亭
大層立派な日本家屋で、庭を眺めながらとんかつやら鰻やらが食べられる店で、結構お気に入りです。


でヒレカツ定食。1,200円。
c0056180_15594443.jpg



泊まりは水戸。
ホテルのある大工町はとても風紀の良い場所で、このような店が林立しています。
c0056180_1611570.jpg


一日目は同行者が風邪気味で暖かいものが食べたいというので、歓楽街を彷徨って見つけたもつ鍋の店『まんぷく
c0056180_1633260.jpg大根サラダ、タラコマヨネーズ和え。
健康なんだか不健康なんだかわからないメニュー。
でも、うまい。

c0056180_1644525.jpgせっかくの水戸なんで、納豆オムレツ。
別に水戸だからって、納豆が格別にうまいということもなかった。


本命のもつ鍋
c0056180_1663286.jpg

これが、チンケな茹でホルモンを想像していたのとは大違いで、ひだひだの残った新鮮なホルモンで意表をついてうまかった。
もう少しニラと大蒜が利いていればかなり高得点上げてよい。
もつも野菜もお代わりしましたよ。




c0056180_1694876.jpg翌日は大通り沿いの鳥ぎん
見た感じフツーの焼き鳥屋だが、釜飯が頼めるのがウリ。

c0056180_16135676.jpgイカダと肝とつくね。
まあ普通。


c0056180_16141119.jpgズリと皮とねぎまと若鶏は塩で。
これまた普通。


写真撮り忘れの五目釜飯は良かったよ。


帰りは、東北自動車道。
佐野SAで食事タイム。

佐野ラーメンとなんとか飯のセット。
なんとか飯はラーメンスープで炊き込んだ飯にチャーシューとなると。
揚げ麺をトッピング。B級だが悪くない。
c0056180_16162044.jpg


佐野ラーメンというのを食べたことがないので、これが標準なのかどうか知らないが、喜多方ラーメンに似た平打ちの麺。
スープは喜多方ほど黒くはない、澄んだ醤油味。
ここはSAのフードコートということもあり、驚くようなうまさじゃないが、佐野ラーメンは、麺といいスープといい、トッピングといい、好みど真ん中ですね。
いつか、ちゃんとした店に食べに行ってみたいもんですな。



・・・・・・・・というわけで、出張行って2キロ太って帰ってきましたわよ。
[PR]

by nozopoo | 2008-10-04 16:22 | 旨いもん
2008年 09月 20日

大とんてき@来来憲

ご当地メニューというのがありますね。

元々は、その地区オリジナルのメニューじゃないけれど、独特の味付けであるとか、やたらとそのメニューの店が多いとかで、名物になり、町興しになっているものまであります。

有名どころでは、
・宇都宮の餃子
・富士宮のやきそばなどでしょうか?
・昔から蕎麦どころと呼ばれているところは多々あります。
もっと地域限定なら
・月島のもんじゃとかもありますね。
・・・・・・ほかにもあったら教えてください。

で、三重県の四日市は、「とんてき」をご当地メニューにして、町興し・観光名物にしたいと考えているとのことです。

c0056180_15241865.jpg・・・・・で、行ってきました。
「とんてき」の元祖だという『まつもとの来来憲』。
『来来軒』でも『来来亭』でもなく『来来憲』ね。


c0056180_15244630.jpgラブリーな豚さんがおでむかえしてくれます。



c0056180_15263880.jpgここは、メニュー的には、いわゆる街角中華なのだが、やはりここは名物をということで、大とんてき定食をオーダー。

出来上がりまでの間、とんチップス100円なりを齧りながら待ちます。
このとんチップス、揚げたてだったら相当美味しいんだと思うんだけど、残念ながら揚げ置きです。


大とんてき定食。1,350円。
c0056180_15301743.jpg

250gの肩ロースのステーキにたっぷりのキャベツ、ご飯、豚汁、お新香がついてこの価格は、ボリウム的には大満足。
何せ、ご飯・キャベツはもちろん、豚汁までお代わりできるんですから。

そしてなんといっても、地元ではグローブと呼ばれる肉。
c0056180_15333668.jpg

これ、一回蒸してあるんですかね。妙にやわらかいんですよ。
かかっているソースは、肉汁にウースターソース・醤油・味醂を混ぜたような感じ。
結構甘いんですが、くどくはないです。
このソースが秘伝らしく、他の店のとんてきの追随を許さない要因だとか。

はい。しっかりとご飯も豚汁もキャベツもお代わりして完食しました。
あとで後悔しましたけどね。(笑)

しょっちゅう行くって感じじゃないけど、四日市行ったら訪問する価値はありますね。
[PR]

by nozopoo | 2008-09-20 15:38 | 旨いもん
2008年 06月 07日

やっぱり餃子も食べとかないとね@宇味屋

栃木出張の帰り。
宇都宮で新幹線待ちがあったので、やっぱり餃子は食べとかないとね。
c0056180_1181292.jpgということで、今回は宇味屋
この店は、ツインリンクもてぎにも出店してますね。

c0056180_1183848.jpgなぜか、内装は民芸調。
はじめは、民芸居酒屋だった場所に居抜きで入店したのかと思ったが、どうやら全店、こういう造りらしい。
なんちゅう趣味や。


c0056180_11102397.jpg水餃子
スープ餃子じゃなくて、湯だめですね。
皿出しだとすぐ冷めちゃうんですが、湯だめは最後までアツアツなんが良いですな。
皮は極厚のモッチリタイプ。
炭水化物と野菜食った・・・って感じがします。


焼き餃子も。羽根付きで焼き上げ。
c0056180_11135279.jpg
水餃子も焼き餃子も同じものを使っているようですね。
薄皮の餃子で白ご飯もいいものですが、皮が厚い餃子はこれだけで完全食って感じでご飯要りません。
(ビールは要るけどさ。)

すぐお腹いっぱいになっちゃうんだけどね。
バランスいい餃子だと思うよ。
[PR]

by nozopoo | 2008-06-07 11:17 | 旨いもん
2008年 06月 07日

久々の宇都宮@ピッツェリア・ダァ・アンジョウ

栃木出張。
宇都宮泊だったので、オヤジ5人連れ立って、ピッツェリア・ダァ・アンジョウ

前回、メインも頼んでみたが、ヤッパリここはピザに限るねってんで、今回はアンティパストとピザと安ワインのみで。

c0056180_10383232.jpg自家製ピクルス盛り合わせ。
これが、実にいい酢具合でね。
出来合いのものは酢がきつすぎて量食えないんですが、ここのは何ぼでも食えてしまうんですな。

c0056180_10401719.jpgアンティパスト5種盛り
・公魚のエスカベーシュ
・和牛のカルパッチォ
・パテ
・・・・・あとなんだっけ?

味はまあ普通。


c0056180_1043919.jpgピザシチリアーナだったかな?
トマトソース・黒オリーブ・アンチョビ。

もいちょっとアンチョビ乗せてくれたらなぁ。


ボンバーだったかな?
c0056180_10443520.jpg

空気の層をつくって膨らませたピザに、生ハムとルーコラ乗せ。
ソースはオイルだけ。
前回、これの膨らませてないのを食いましたっけ・・・・・・。

切りにくい事この上ないのが難点。
まあ、うまいけどね。

c0056180_10472867.jpgトマトを使っていないのをもう1枚。
何だっけ?
ベシャメルとマヨネーズ混ぜたみたいな味。
ハイカロリーですな。


で、この後最後に食った、マルゲリータが一番うまかったけどね。

宇都宮では、ナイスな店ですよ。
[PR]

by nozopoo | 2008-06-07 10:50 | 旨いもん
2008年 05月 11日

ちょいとばかり評価に困る@うちきな天使

鈴鹿の一部で話題騒然の
c0056180_20451166.jpg割烹うちきな天使へ。

c0056180_2045527.jpg文字通り寡黙で内気っぽい主人一人で切り盛りしているのだが、「家、来な。」もかけていると思われる。

c0056180_20472989.jpg靴を脱いであがる畳室にテーブルが2卓と。

c0056180_2048174.jpg6席のカウンターのみという小箱。
金はかけてないですが、小奇麗で趣味のよい店です。

一品料理もできるのですが、お任せコース3.800円で。


c0056180_20501125.jpg◆先付け
鯛の白子の炊いたん蝦蛄の膾鶏と蒟蒻の南蛮漬け

初夏らしい肉厚の蝦蛄がなかなか宜しい。


c0056180_20523684.jpg◆向こう付け
お造り3種盛り
鰆の昆布〆、あおり烏賊、しび?かな。

まあ、普通。


c0056180_2054665.jpg◆焼き物
茄子の変わり田楽

加茂茄子だったらよかったんだけどね。
大茄子にアスパラ・オクラ・小エビ・貝柱をのせて、チーズ田楽に。

茄子の包丁入れが甘くて、食べにくかったよ。
チーズはちょっと狙いすぎ?


c0056180_20572032.jpg◆炊き合わせ
太刀魚の揚げたんに貝炊き浸し

まったく印象に残っていない。


c0056180_20591170.jpg◆揚げ物
生桜海老のかき揚げ
まあ、季節らしくていいと思うよ。


c0056180_2103078.jpg◆食事
もちご飯にじゃこ山椒蜆汁
殺してないもち米飯。
たまには、こういうのもいいね。
蜆汁って・・・・・・朝ごはんみたいだけどさ。


で、評価です。

この店のポジショニングをどう定めるかによって全く別の評価になってしまいます。

ちょっとお洒落な創作和食風居酒屋として評価するなら★★★★くらい付けてもいいと思います。
店は小奇麗でいい雰囲気だし、特別な食材と料理はないものの、味に不満はないです。
外食に慣れない小娘を連れてきたら、コロリと行ってくれるかもしれません。


一方、本格的な和食割烹として評価するなら・・・・・・。
たとえ3.800円とはいえ、コースに「八寸」と「椀」がないのが致命的です。
個人的に、和食の真髄は「八寸」と「椀」だと思っているので・・・・。

限られたスペースの中に季節感を織り込み、手間をかけた前菜類を飾り付ける。
盛り付けと食器選びのセンスを問われる「八寸」こそが、目でも食わせる和食の白眉ですから。

また、「椀」はさらに小さい直径10cmに、どれだけの創造性を持たせられるか・・・・職人の力量が最も問われる一品。
蓋をあける時のワクワク感。
そして何より、和食の命である出汁が左右するわけですから。

この2品から逃げていてはいけません。


場所柄、そこまで求める客層じゃないのかもしれませんが、店の造りが本格和食っぽいんで期待しちゃうんですよね。


[PR]

by nozopoo | 2008-05-11 21:17 | 旨いもん
2008年 03月 29日

高知出張、食道楽編

1泊2日で高知県出張。

c0056180_1414890.jpg出かける前にまずは腹ごしらえしておかないとね・・・・・・
ってことで、新梅田食道街のカーネーション
どこの駅のレストラン街にも必ず1軒はある、食事も喫茶も何でもござれ系のお店。

c0056180_1444689.jpgミックスフライ定食は770円なり。

クリームコロッケ・アジフライ・有頭エビフライという黄金3点盛。
まぁ、期待もしてなかったんだけどさ。
コレたぶんすべて業務用の冷凍品を揚げているだけだよな。
せめて中国製で無いことだけを祈る。

合掌。





c0056180_14155874.jpg伊丹から高知竜馬空港までは、実質35分くらいのフライト。
ANAで機材はポンバルディアね。

伊丹 → 高知便って要は、着陸時前輪が出なくて胴体着陸したアレだ。



c0056180_14194993.jpg仕事を終えて、街に出てみる。

高知に来るとアホらしいと思いつつ写真撮ってしまう「はりまや橋」

日本三大ガッカリ名所のひとつと謂われていますね。
残りは札幌の時計台となんだった?
兼六園の石灯籠?
名古屋のテレビ塔?
二見ケ浦の夫婦岩も相当ガッカリしたぞ・・・・。


高知は可愛らしい路面電車がまだ走っている街。
ごめん。ごめん。ごめんよぉ~。
c0056180_14242032.jpg
の「ごめん」行き。
南国市の御免町にある、後免駅行き(ややこしい)
昔、「はがきでゴメン」コンクールかなんかで話題になった町ですね。


今回、同行者で到着が遅くなる人が数名いたため、夕食は21時からと遅めの設定。
それまで、小腹を満たそうと、飛び込みで入ってみる。
居酒屋赤とんぼ

c0056180_14353373.jpg高知の春の風物詩だという「どろめ」。

鰯の稚魚だという。
・・・・・・鰯の稚魚は「しらす」ではないのか?と訊いてみたが、「どろめ」は「どろめ」だそうだ。
味は、生しらすそのものなんだけど・・・・・方言ですか?

c0056180_14393728.jpg入荷したてだというエガニ
近隣の浜で捕れるらしい。
ワタリガニくらいの大きさですね。
近隣種なんだと思う。
身は少ないんだけど、ギッシリ詰まっていて、味が濃密です。
けっこういけるよ。
味噌は少な目かな?

後があるんで、これくらいで許しておいてやるか。


c0056180_14575014.jpg今回のメイン食事会場は潮亭
はりまや橋近辺には、著名な土佐料理店がいくつかあるのだが、大抵22時閉店となってしまう。
今回、スタートが21時ということで、消去法的にチョイスした店なのだが・・・・。

ちょいと狭かったですね。
4名テーブルくらいの席にキツキツで6名入りました。


コースでいろいろ出たのですが・・・・・
c0056180_1535245.jpg鯨の串揚げ
うん。やわらかくてこれはいいね。
串揚げの本場、新世界にもこんなのは無いよ。
甘めのソースともよく合うね。

c0056180_156212.jpgウツボの唐揚
私の知る限り、ウツボを食べる文化は高知と和歌山だな。

小骨の多いウツボですが、細かく切ってあるので気になりません。
アッサリ白身で、格別旨いものでもないですが、ゲテモノ扱いすることはない魚ですよ。

c0056180_15103041.jpgホントは地元でチャンバラ貝と謂われている貝が食べたかったのだが、生憎切れていて、別の種類(名前不詳)
いかにも南国の貝っ感じの形です。
図体の割りに身が少なくって、こりゃメジャーな食材にならないはずだわ。
螺貝系の味ですね。


このほか、お鮨や新鮮なお造りも出たんだけど、鰹の叩きが無かったのがちょっと残念だったよ。



ときに、高知の夜は、街に屋台が何店か出る。
それも餃子の屋台だ。
c0056180_15252438.jpgというわけで屋台安兵衛
屋台とはいえ、20人以上は入れる結構なオオバコです。

こんなんが、何店舗もあるんですよ。
博多の折りたたみ屋台もそうですが、地方にはいろいろな文化があるなぁ。


c0056180_15281351.jpg不思議な食感の餃子。
焼き餃子には違いないんだろうけど、水入れた蒸し焼きにはしていないですね。
たっぷりの油で焼いてある?
焼き餃子と揚げ餃子の中間みたいな感じ。

あんは野菜メインでニンニクたっぷりだったような・・・・・。
なにせ、このころもう相当酔っ払ってました。(汗)



翌日
c0056180_1542241.jpg前日、鰹の叩きを食いそびれたリベンジに某所で食した土佐巻
一見太目の鉄火巻然ですが、鮪じゃなくて、鰹の叩きと大葉と生ニンニクが巻いてある。

コレは旨いっ!
でも昼からは臭いっ!


c0056180_1545588.jpg最後に高知の名物(らしい)、久保田食品のアイスクリン食べて帰ってきました。

懐かし味だけど、そんなに旨いもんでもないな。


あー。おなかいっぱい。
[PR]

by nozopoo | 2008-03-29 14:10 | 旨いもん
2008年 02月 24日

いい線行ってると思うよ@ちどり

鈴鹿に出張した際、Dやんが連れて行ってくれた店。
c0056180_10251396.jpgちどり
串に刺さない鳥料理を出す店だ。

何でも、かつては年配のお母さんが一人で切り盛りしていたのだが、寄る年波には勝てず、店を畳もうとしていたところ、お客さんだったらしい若い女性が跡継ぎに名乗りを上げて、数ヶ月の修業の後、新たなスタートを切ったのだとか。
今居る女将さんは、その女性。


手羽の刺身
c0056180_1029025.jpg
笹身のような脂のない綺麗な刺身です。
手羽から骨と皮をとって掃除するのは大変だろうなと思う。
味は、笹身を少しだけ濃い味にした感じ。

c0056180_10312862.jpgあられ
要は鶏皮を脂分が抜けるまでパリパリに揚げて、煎餅状態にしたもの。

界隈では、白子駅前の鳥いしの名物料理なのだが、ここのも悪くない。
強いて言えば、折角のB級料理なので、もっとグルタミン酸を振りかけていただきたいことぐらいかな?

c0056180_1036046.jpg香り揚げ
紫蘇巻き揚げね。

c0056180_1037654.jpg鳥天麩羅
部位は笹身ですね。
脂のない笹身なので、天麩羅にしてもくどくなく、アッサリとしています。

・・・・・・が、ここはやはり、味が濃くて肉汁に溢れる腿肉を使ってほしかった。
メタボおやぢとしてはだけどさ。

c0056180_1040099.jpgちゅう訳で、コッテリしたかったので追加した砂マヨ炒め
砂肝のマヨネーズ炒めで、デリーシャスなのだが、ネーミングが良くない。
やはりココは、関西風にズリマヨに改めていただきたいところだ。
何度もこのブログで書いているが、鳥の後方胃は「砂肝」というより「ズリ」の方が感じでてると思うんだよなぁ。

c0056180_10452658.jpgメニュー名に惹かれて頼んだちどりステーキ
骨付きの腿かなんかがバーンと出てくるのを想像してたんだが、実態は山芋焼き
コレが殊の外旨かった。
小さく刻んだ胸肉が入っていて、食感も楽しめる。
餡と一緒にスプーンですくって食べると、もんじゃ喰ってるような気分になります。

c0056180_1050255.jpg鳥屋やのに、〆のうどんが良い出汁でしみじみ旨いのもうれしいね。


酒4杯づつくらい呑んで2人で8.000円ちょいは、大阪に比較すると割高感感じるけれど、喰いもんの高い鈴鹿市ゆえ、まぁ立派かな。


[PR]

by nozopoo | 2008-02-24 10:54 | 旨いもん
2008年 02月 17日

本場大阪の味を知ってしまうと・・・@浪花でおます

かつて、三重県に住んでいたころ良く通った店。
お好み焼きの浪花でおますに20年ぶりくらいに行ってみた。
c0056180_20272813.jpg東京から三重県に出てきて、初めて食べた時、何て美味しいのだろうと感激した店だった。


c0056180_21102769.jpg豚玉、ネギ入り。

うーん。かつてアレほど感動したのは、この味だったんだろうか?
粉もんって意外と奥が深かくて、生地の味で性格が決まるんですよね。
この生地はホント粉っぽくて、ボソボソであかんわ。

大阪の美味しい店の生地」は、練りに練ってグルテン化させたり、山芋入れたり、出汁を仕込んだり、色々してるんだけどなぁ。

あと、ネギも白葱使ってるね。甘くなりすぎてあかん。
お好み焼きは九条葱じゃなくちゃね。

c0056180_21155689.jpgアテのとんぺい焼きはまあ良し。



[PR]

by nozopoo | 2008-02-17 21:17 | 旨いもん
2008年 02月 13日

豊後水道の旨い魚@大八

出張で山口県へ。

c0056180_19493174.jpg湯田温泉の大八寿司
店内に大きな生簀があって、豊後水道で上がった新鮮な魚が食べられる。

豊後水道といえば、関鯖・関鯵だが、アレは大分側に水揚げされたもの。
同じ魚が、山口県側に揚がると豊後鯖豊後鯵となって、グッと価格も低くなる。
ブランドって凄いよね。
(たしか、愛媛県側にもなんとか鯖があったはず)


で、肉厚に切った、豊後鯖(ウマー)と槍烏賊・ウマヅラをお造りでいただいた。
でね。九州でも思ったんだけど、山口も醤油が甘いわけよ。
今回は、遠慮せずにキッコーマンに替えていただきました。

〆の寿司は、まあ普通。
c0056180_19575397.jpg



[PR]

by nozopoo | 2008-02-13 19:58 | 旨いもん
2008年 02月 06日

東京メタボリック出張

日帰りで東京出張。
移動に往復6時間。
仕事が4時間。
そして、折角の東京なのでメシに1.5時間。

c0056180_2115532.jpg今更ながら、初めて乗ったN700系。
大体、東京出張はエア使うことが多かったんだけど、最近チケット高いもんで・・・・・・。

c0056180_2134694.jpgN700は、連結部分の蛇腹もちょっと違うね。
アルマジロみたいになってる。

c0056180_2145591.jpgこれが従来の700系の連結部分ね。

変えたことで、どんな効果があるのかは知らん。


で、昼飯は京橋の魚がし日本一
本当の立ち食い鮨だ。1貫75円~の激安。
c0056180_217233.jpgつぶ貝にし貝

大体、鮨屋では貝からスタートすることに決めている。

c0056180_219748.jpgいしがき貝小柱
いきなり軍艦もないよな。と思いながらも、他に貝がなかったので。

結構旨かったんで、ここからしゃり少なめでお願いした。
ランチサイズの鮨だと12貫くらいで、いっぱいになっちゃうんで、種類食べたい時は、夜のサイズが良い。

c0056180_21124874.jpg白身2種。

鱸は完全に旬はずれてるんで、どうかな~と思ったんだけど、それほど悪くない。
鱸って養殖もしてるんだっけ?

c0056180_21161457.jpgラスト2種。
こはだ蝦蛄
でかいこはだだ。
コノシロだ。

〆て16貫。
赤だし付けて1.300円は安いから良し。






仕事を終えて帰る前に、行っとくか。
じゃぽね

昔は、夕方以降は空いてたもんだが、19時だってのに並んでやがる。
この店も随分と知られたね。
かつては、女子が並ぶなんてなかったのにな・・・・・・。

あおり手も知らない顔が1人いた。

何はなくとも、ジャリコのジャンボ。
今はもう、横綱サイズは喰えない。
c0056180_21225276.jpg
あおり手が替わって少し味落ちた感じ。
前はもっと水分が飛んでいたのが、べっちょりするぞ。
もっともっと焦がさぬようにあおり続けてくれ~。




少し消化不良で
c0056180_21253552.jpg有楽町ガード下の後楽そば
再開発で立ち退いていたのだが、別の場所に復活していた。


c0056180_21385983.jpg
立ち食いそば屋なのに、客の半分以上はヤキソバを頼むという不思議な店。

この界隈で飲んでいた頃、若手の食い盛りの社員と飲みに行く時は、まずここのヤキソバを食わせて、腹を膨らせてから行ったものだ。
空腹で飲み屋に行くと、料理代がバカにならないから・・・・・・という、ひどい理由。
社内に奴隷制度が残っていた良き時代だ。
パワハラとかアルハラなんて言葉は無かったよ。


ここは、葱が入れ放題なので・・・・・・
c0056180_21315874.jpg
ヤキソバにも葱と、たっぷりの唐辛子が正しい食し方。



[PR]

by nozopoo | 2008-02-06 21:18 | 旨いもん