不良中年Nの愛と欲望の日々

nozopoo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ラーメン ( 58 ) タグの人気記事


2008年 11月 01日

水戸でおいしいラーメンに出会うこと@たからや

立て続けのラーメンネタで恐縮です。

c0056180_1723580.jpg上野駅からフレッシュひたち号に乗ること80分。


c0056180_1742132.jpg水戸に着いた。
以前、水戸に来たときも同じことを思ったのだが、なぜだかこの街は、女子高生が多い。
男子も同じ数居てもおかしくないと思うのだが、目に付くのは女子高生ばかり。
謎だ。


c0056180_1762582.jpgとはいえ、女子高生がアタシを出迎えてくれるわけもなく、水戸のご老公さまご一行が出迎えてくれただけでした。


c0056180_178951.jpg駅前に大層立派な銀杏の木も保存されていて、樹齢300年もあるかもしれないらしい。
流石、古くからの城下町。


c0056180_1795017.jpgで、街を歩いていて、この店の佇まいに引き付けられてしまったのです。

匂ったんです。
食いしん坊の鼻が。
この店は絶対にうまいぞと。


c0056180_17113095.jpg2人とも足元がおぼつかない、おじいちゃんとおばあちゃんで切り盛りしている店ですが、存外中は明るくて清潔感あります。


c0056180_1712576.jpgラーメンが出来上がるまでの間、ショーケースにあった、醤油オニギリ110円をいただきました。
これが、もち米の炊き込みおこわなんです。
レンジで温めてもらって食べると香ばしくて実によろしい。
お手製と思われるお新香が付くのもポイント高いよ。


ラーメン、キターー!!
c0056180_17162194.jpg

このケレンない美しさをみてください。
濁りない醤油スープにトッピングは、叉焼、シナチク、鳴門巻き、海苔、ラーメンの姿とはこういうものだという見本のようです。
あと、ホウレンソウがのっていれば完璧です。

麺が中細のやや縮れっていうのも素晴らしい。
c0056180_17194381.jpg

スープは東京ラーメンに近いんですが、トリガラだけじゃなく、魚も使ってますね。
Wスープでしかも濃い醤油を使用しています。
ほとんど脂が浮いていない(おそらく叉焼からの脂のみでしょう)のにも関らず、複雑な味のスープです。
ややもすると、やれ背脂だ何だと、脂の旨さで誤魔化す店の多い中、すんばらしいです。

この店、塩味のタンメンが実は名物らしく、今回は食べられなかったが実に気になりますね。
[PR]

by nozopoo | 2008-11-01 17:37 | ジャンクフード
2008年 10月 31日

郷愁の東京ラーメン@新角

c0056180_22131262.jpg

JR有楽町駅ガード下の立ち食いそば新角です。
始めに断っておきますが、ここのラーメンは誰もが美味しいと評価するようなものではありません。
なんてったって、立ち食いそば屋のラーメンですから。

ただ、昭和40年代を東京で過ごした人間にとっては脳髄の奥に刷り込まれた味覚・・・・トリガラ出汁の澄んだ醤油スープなのです。
そして、麺はかん水が勝った、ゴムヒモのような中細の縮れ麺。
食べた瞬間、懐かしさと当時の記憶が甦ってくるような感覚でした。
まだ、こんなラーメン食わす店が残っていたのね。

さながら、名古屋人が寿がきやに感じる郷愁とでも申しましょうか・・・・・・。

これでトッピングに鳴門巻きとシナチク、ほうれん草が浮いていたら、ナミダナミダだな。

c0056180_22144380.jpg

・・・・・意外とそばは、なんてこと無い立ち食いそば屋の味でしたけど。
(わかめそばのわかめの量はすごいことになってましたけど)
[PR]

by nozopoo | 2008-10-31 22:15 | ジャンクフード
2008年 10月 02日

特みそこってり@らーめんダイニング ど・みそ

ラーメンは透き通った醤油味か塩味が好きなので、味噌ラーメンを選んで食べることは滅多にないのだが、評判がよいので行ってみました。
らーめんダイニングど・みそ
以前、todocciさんのブログでも紹介されていましたね。

隣はそれぞれ
十割蕎麦の恵み屋
500円にぎりランチの大舷
向かいは揚げ物の松若という、ランチ銀座(ホントに銀座だけど)にあります。


看板メニューと思しき「特みそこってり」を。
c0056180_2311584.jpg

"特"と言うのは、チャーシュー2枚とゆで卵1ヶ入りのことのようです。

こってりは、背脂。
赤味噌ベースのスープにタップリの背脂を落としますから、それはそれは濃厚でこってりしてます。
少し味が濃すぎる感はありますけど。

c0056180_2315588.jpg麺は極太の縮れ。
濃いスープに良くあっていますね>


で、まあ、こってりで濃い味が好きな人にはたまらんでしょうなぁ。
でも、多少スープが濁っても誤魔化せる味だわなぁ・・・・。
[PR]

by nozopoo | 2008-10-02 23:03 | ジャンクフード
2008年 05月 10日

ホットつけしゃん@九州じゃんがららーめん

東京ネタもう一発。

表参道でランチタイム。
知らずに飛び込んだ
c0056180_923129.jpg九州じゃんがららーめん


c0056180_94648.jpgメインは豚骨のようだが、脂ぎった豚骨はあまり好みじゃないので、メニューの中で唯一魚系ダシだというホットつけしゃんを頼む。

味玉入り、ネギトッピング。
ふーん。ネギって白葱なんだぁ。



c0056180_964249.jpg夏はつけ麺で冬はラーメンスタイルでって書いてあったけど、5月は冬なのか?ラーメンスタイルで出てきた。
麺は、細太チョイス可能。太いんでお願いした。

ああ、スープ割りしたつけ麺ダレのような味ですね。(その通りなんだろうけどさ)
麺もつけ麺のような、噛み応えあるもっちり系。
つけ麺の欠点である、スープがぬるくなることなくアツアツで食せるのがいいですね。(あつ盛は麺がヘタレだしね。)
味玉は味付いてなかったけど。


まあ、宜しいんじゃないでしょうか。
[PR]

by nozopoo | 2008-05-10 09:12 | ジャンクフード
2008年 05月 03日

四国弾丸出張

ゴールデンウィーク合間の出勤日に、日帰りで香川県・徳島県に出張。
早朝に大阪を出て、一日500km以上の移動はしんどいわぁ。

でもでも、喰うことだけは怠りませんぜ。

昼は高松。
と来れば当然、讃岐うどん。

c0056180_10523115.jpg今回は街中で。

総延長距離では、我が地元の天神橋筋商店街を凌ぐといわれる、高松商店街の明石家
明石製麺所という、麺屋の経営らしい。

c0056180_1055313.jpg饂飩屋らしからぬ、リゾート風カフェのような内装。
ミスマッチでなんか楽しい。


まずは、ぶっかけの大。
c0056180_10564155.jpg
腰が強くて、ゴム紐のように弾力がある麺です。
相当グルテン出てます。
そして、1本1本が長い!

出汁は薄味なんだけど、讃岐饂飩は、麺に相当量の塩分が含まれているから、コレくらいがちょうどいいんだよね。

c0056180_10594018.jpgトッピングは、豆腐ハンバーグ
ヘルシーでよい。

この後、おろし生醤油も一杯いっといたが、この店はぶっかけの方がいいね。



で、徳島県に移動。
仕事終わって、夕方17:00。
昼の饂飩がまだ残っている感じだが、やはり徳島ではラーメン喰わないわけには行かない。

いのたに巽屋も遠い場所だったんで、ロードサイドの看板で飛び込んだ。
c0056180_1142244.jpgまる福

いやぁ、印象的な外観ですなぁ。
倉庫改造型で、天井高く、なおかつ清潔な内装も宜しいんじゃないでしょうか?


巽屋いのたにのような、茶系スープではなく、黄系といわれる独特の色。
チャーシューは三枚バラをまんまベーコンのように薄切りに。
メタボだじょー。
c0056180_1165161.jpg

で、このスープなんです。
多分、目隠ししてスープだけ飲まされたら、ラーメン汁とは思わないかもしれない。
豚骨は豚骨なんでしょうが、西洋料理のフォンのように綺麗に引いてあるので、コクはあるのにクドさが皆無です。アッサリクリーミー。
油濾したら、立派な西洋料理ですよ。

ラーメンらしくないっていう人もいるかもしれないけどね。

c0056180_11133140.jpg麺は、やや細うちのストレート。
もう少し腰の強い麺のほうが、このスープには合うかもしれない。

いやぁ。
勉強になりました。


[PR]

by nozopoo | 2008-05-03 11:16 | 旨いもん
2008年 04月 12日

だからカラダに悪いってば@王ちゃん

堺筋八幡。午前2時。
と来れば、心斎橋で呑んだ帰りだ。

タクシーを拾おうとすると、島之内側に赤と黄色の店が目に入るはずだ。


c0056180_13115295.jpgカラダに悪いってわかっていながら、誘蛾灯に吸い寄せられる夏虫のように、フラフラと入ってしまう。

ラーメン王ちゃん


高菜ラーメン。700円。
大阪では珍しい、割とキッチリ乳化させたアッサリ豚骨。
こってりギトギト豚骨醤油は翌日きついが、これならOK・・・・・・とそのときは思う。
c0056180_13134572.jpg

博多風の極細ストレート麺じゃなくて、もっちり系の縮れ麺。
でも結構合いますよ。

こちらは、水餃子が名物らしいのだが、ついぞ食べたことないなぁ。


翌日・・・・・・・やっぱり胸焼けが・・・・・・・・。



[PR]

by nozopoo | 2008-04-12 13:19 | ジャンクフード
2008年 04月 11日

ガテン系ラーメン@麺家なごみ

天神橋筋商店街の喧騒も、一本路地に入るととたんに静かになる。

ちょっと前に、堀川戎から天神橋筋商店街に向かう路地に発見した、ラーメン屋に行ってみた。
お隣には、天一からうどんてんまが引っ越してくるみたいですね。

c0056180_11999.jpg麺家なごみ
間口狭いですが、奥行きは結構あって、20人以上は入れる店です。

やたらとカラダのでかい店員(3人とも)で切り盛りしていました。


c0056180_1215839.jpg昼は、「ラーメン+丼」とか「ラーメン+おかず&ライス」みたいな定食が沢山揃っていて嬉しい。

今日は、油淋鶏定食


ラーメンは、中太ストレート麺に豚骨醤油。
c0056180_124502.jpg

ぐはぁ。味が濃い~。
塩もきついし、背脂たっぷりギトギトですわぁ。
カンペキ、ガテン系の味ですなぁ。運動不足のオヤヂには健康に宜しくないですわ。
叉焼も脂たっぷりのバラ肉2枚。
丼サイズが小さいのが救いでした。

c0056180_127453.jpgでもって、油淋鶏なもんだから、メタボ120%ですな。


決して、まずいわけじゃないですよ。オヤヂ向きじゃないってことで。
若い人には受けるんじゃないですか?


[PR]

by nozopoo | 2008-04-11 01:31 | ジャンクフード
2008年 03月 29日

どっちがどっちだ?

デジカメ写真を整理していたら、2日続けて似たようなものを食っていた。

大好きな野菜たっぷりの塩味のラーメン。

c0056180_13411342.jpgまずはコチラ。
澄んだ透明なスープがおいしそうでしょう。
野菜の切り方も上手です。

c0056180_13434596.jpg麺だってだらしなく延びたりせず艶々です。
いいビジュアルだよ。



c0056180_13453593.jpgもう一方がコチラ。
あんかけになっているんですが、あんの透明度が足りませんね。
見た目重たい感じです。

c0056180_1347393.jpg粘度の高いあんを纏った麺はセクシーですね。
かん水の少ない良い麺だと思います。


で、以上2点、どちらか片方は、立派な某中国料理店、もう片方はB級の極致、天満タイガース
値段も3倍くらい違うはず。

たぶん、エビが入っているほうが、中国料理店のモノなんだろうけど、写真で見ると前者の方が旨く見えるよな。


[PR]

by nozopoo | 2008-03-29 13:53 | 旨いもん
2008年 03月 29日

鈴鹿食3態

更新が非常に滞っておりますなぁ。
忙しいってのもあるんですが、とにかく家のPCの調子が凄まじく悪い。

何の前触れもなく、突然落ちことが頻発。
30分以上かかって作ったデータが、パーになったときの虚しさを察していただきたい。
家でブログ更新する気も無くなるってものだ。

というわけで、今日は近くのネットカフェから更新。
古ネタ乱発だげさ。


で、三重県の鈴鹿市といえば、外食産業不毛地帯。
・・・・・・というか、本田技研やシャープの工場があるおかげで、メシ屋の数だけは多いのだが、チェーン店か、高い・遅い・まずいの三重苦店が多いので、鈴鹿出張時は、ホントに苦労する。

で、今回の出張時メシ。

c0056180_1241266.jpg近鉄白子駅前ぜいごで、穴子丼とミニうどんセット。

あ、この店、決してすごくおすすめってわけじゃないんですよ。
ただ、不毛鈴鹿の中で、特急停車駅でありながら、不毛度突出している白子駅前のメシ処としては、まだ良い方だってことですから。

まぁ
さすが穴子どころ伊勢湾だけあって、穴子のサイズと量はすごいです。
卵とじなんかにせず、タレだけで出してくれればいいのに。

うどんは、中部独特の鰹の勝ったスッパ味。




c0056180_12473123.jpg滋賀県を発祥に増殖を続ける来来亭は、ついに鈴鹿にも。

ホントはぐんじに行きたかったのだが、時間が遅くなってアイドル休憩タイムになってしまって、やむなくこっちへという事情つき。


c0056180_1312174.jpgワンタン麺で麺固め、背脂少な目、ネギトッピング。

感動するほど旨いラーメンでもないけれど、ここのチェーンはどの店も割りと味のバラつきが無い点は評価に値すると思うよ。

新福菜館なんて本店と他の店のギャップすごいですからね。




c0056180_13245763.jpg夜は今回はちどり

大阪に比べるとまだちょっと割高感は感じるんだけど、鈴鹿にしては高バランスの良い店だと思うよ。



[PR]

by nozopoo | 2008-03-29 12:48 | 旨いもん
2008年 03月 08日

福知山紀行

c0056180_12425872.jpg仕事の会合があり、在来線の特急に乗って福知山へ。

途中、福知山線脱線事故現場付近では、・・・・・・合掌。


c0056180_12443633.jpgつい最近、高架工事が終わったようで、真新しい駅舎が眩しい。

もともと福知山は、大阪から丹後方面、京都から城之崎方面へとつながる街道がクロスする、古くからの交通の要衝なのだが、今は寂れた地方都市感はぬぐえない。


なにせ、駅前広場前の交差点風景がこれですから・・・・・・。
c0056180_12492094.jpg
でも、こういう風情って、個人的には結構好きなんです。

c0056180_12505033.jpgそういえば、福知山を興したのは明智光秀でしたね。
逆賊扱いされがちな光秀を、町興しのキャラクターにしなくちゃいけないのも辛いな。
愛知県の吉良町とかもね。


地方都市の常で駅前商店街は寂れてるもんだから、少し歩いて国道沿いのロードサイド店を捜す。
c0056180_1254998.jpgふくちあん
こだわりの水・こだわりの麺・・・・・・とやたらこだわりを前面に出す店だ。

c0056180_12553972.jpgはいはい。行列が出来るのね。
わかりましたよ。
勝負してやろうじゃないの。


c0056180_12564213.jpgオーソドックスメニューのふくちあんラーメン
豚骨醤油ですな。
焼豚が2種類入っているのが珍しいといえば珍しいが、スープはどうってこと無い普通の豚骨醤油。

c0056180_12585858.jpg麺は中細ストレート。
こだわり場所はわからず。


全体に、まずくはないけれど、普通のラーメンです。
店員が皆やたらテンション高く、しかも随分と大勢居るもんだから、あっけにとられます。
全員で「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」ほ唱和するのだが、コレもマニュアル化されているんだろうな。と考えると、なんだかなぁという感じになりますね。


[PR]

by nozopoo | 2008-03-08 13:02 | お散歩