2007年 02月 15日

愛媛でロメスパ@でゅえっと

東京から愛媛へと5日間出張して来ました。

愛媛へは昼時に到着したので、ミートソーススパゲティで名高いでゅえっとに行ってきました。

ちなみにロメスパとは、路麺(ローメン)のスパゲティ版のこと。
決して一流料理店の麺ではなく、路傍にある店舗で供される麺だが、皆に愛されているものをいう。
ロメスパの代表としては、ジャポネがあげられますね。


c0056180_20343516.jpgお店は、伊予電松山市駅前ですぐに見つかりました。
予想していたのとは大違いの小奇麗な店で、店内はレストランとしては、随分と大きな音量でジャズが流れています。


ミートソーススパゲティ。
c0056180_20372725.jpg

「食べきれないほどの大ボリウム」という噂でしたが、驚くほどではないなあ。
レギュラーとしては、分量多いと思うけど、800円だからなぁ。
ジャポネなら、「親方」が喰える料金ですよ。
で、量はジャポネの中盛り程度ですから、無茶無茶お得ということはないです。
デフォルトで大盛りサイズにしておいて、実はミニサイズがレギュラーっていう感じです。

注:ジャポネのサイズは
レギュラー<(中盛り)<ジャンボ<横綱<(親方)<(理事長)<(横綱審議委員会)の順でビッグになる。( )は裏メニュー。

実は、カウンターに座ったので、製作工程をつぶさに見ていたので、予想はしていたのですが、
食べてみると・・・・・・
冷たい・・・・・・

そう、炒めおきしてあるスパゲティーなんです。
普通、オーダーが入ると、必要な分量の茹で麺をフライパンで炒めた後、ソースをかけますが、ここは、大フライパンで数十人分の麺を炒めた後、保温もせずにフライパンのまま、レンジにおいて置き、オーダーが入ると暖めなおしもせずに皿によそっているのです。
炒めてすぐのときは暖かいかもしれませんが、当然徐々に冷めて行きますよね。

これって、旨い不味い以前に、客をバカにしてませんか?
暖かいものを提供しようという意識がなく、効率的に数捌いているだけ、餌出してるのと変わりません。

入店したのが、ランチタイムだったので、特別だったのかもしれませんが、がっかりです。


当然、三口喰って出てきましたけどね。
あ、ソースの味は、甘ーい昔のミートソース。



[PR]

by nozopoo | 2007-02-15 20:56 | なんだかなあ


<< そういえば・・・      くりのすけは、いつも寝ている。 >>