不良中年Nの愛と欲望の日々

nozopoo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 02日

尾鈴山蒸留所  山シリーズ

かねてより欲しかった、尾鈴山蒸留所製の焼酎「山シリーズ」が届いた。

尾鈴山蒸留所は「百年の孤独」で名を馳せた、宮崎県の黒木本店が新たに作った蒸留所だ。
黒木本店のHPは、造り酒屋のHPとは思えない内容)
c0056180_10534423.jpg

普段、焼酎は一升瓶で買うことにしているのだが、今回はちょいと値がはるので720ml瓶で我慢。
結局は割高なんだけどね。


c0056180_1104417.jpgアタシが尾鈴山を知るきっかけになった山ねこ
普通芋焼酎は「黄金センガン」という品種の芋を使うのだが、これは「九州108号」という白い芋を原料としているためか、すっきりと呑みやすい。
※物足りないと思う人もいる。
以前todocciさんのブログでも紹介されていた通り。


c0056180_1155192.jpg今回、どうしても欲しかったのがこの山翡翠(やませみ)
これだけラベルに絵が描いてあるのは、昆虫のセミと間違われないようにだと思う。
酒造好適米「はなかぐら」を使用した米焼酎だ。
最近「幻の焼酎」となりつつあり、今回の6本セットでも、山翡翠は1本だけ。

c0056180_11112744.jpg尾鈴山の中で、最も新しいブランド山猿
芋・米・・・とくれば当然こいつは麦焼酎だ。
これは呑んだことがまだ無いので、感想は後日

c0056180_11134081.jpg裏ラベルは薀蓄が書いてある。
これは山ねこの薀蓄。

さて、今晩は山猿でも呑んでみましょうかね。
山ねこは1本、福猫(福にゃん)進呈しましょうか。
[PR]

by nozopoo | 2005-10-02 11:17 | 酒・酒・酒


<< 尾鈴山蒸留所 山猿      怪しの街 阿倍野 >>